更年期障害を甘く見ない|新事実が発覚している

病院
このエントリーをはてなブックマークに追加

身体と心の不調の原因

悩む婦人

和らげられる

更年期に差し掛かる40代から50代にかけては身体と心に様々な影響をもたらします。更年期障害が出る原因としてはホルモンバランスが大きく関係するのです。閉経前後になると女性ホルモンのバランスが崩れます。卵巣で作られるエストロゲンという成分が急激に減少するのですが、脳では作るようにと命令されます。男性でも更年期障害が現れることがあるのですが、女性ホルモンが関係しているのでやはり女性の方が圧倒的に現れる人が多いのです。更年期障害の症状が酷くなると、生活にも影響を与えてしまいます。更年期障害だと自覚し始めて症状が重くなるようならば病院で薬を処方してもらったり治療に専念したほうが良いかもしれません。治療で症状は緩和できます。

生活改善

更年期障害の主な症状としては発汗やほてりやのぼせが挙げられます。その他にも寒気がしたり、全身疲労や筋肉痛、頭痛や吐き気は麻痺、精神的にはうつ状態になったりイライラが止まらなくなったりと情緒不安定になります。もちろん、すべての症状が一度に現われるということはありません。また、個人差もあるので、必ずこれらの症状が出るとは限らないのです。更年期障害は自律神経失調症の一種でもありますから、精神的に出る影響というのも大きいでしょう。そしてうつ病なども同時に現われることがあるので、更年期時には特に無理をせずにゆっくり休養することも大切です。更年期と呼ばれる40代から50代は生活が大きく変わる年代でもあるので、生活の影響も引き金となる可能性があるでしょう。