更年期障害を甘く見ない|新事実が発覚している

病院
このエントリーをはてなブックマークに追加

関節の病気は早めの専門医

カウンセリング

初期症状

世田谷ではお年を召した方を多く見かけます。リウマチにかかられているのでは、とお見受けする方もいらっしゃいます。なぜリウマチなのか分かるのかというと、ステッキなどを持っている手に、レイノー現象が見られるからです。レイノー現象とは、手足の指先の皮膚が白っぽく変わってしまう症状です。小さな動脈部分の血流不足で発作的に発生します。レイノー現象とともに、息切や、目、口の渇き、リンパ線の腫れといった症状を感じている場合、それはリウマチかもしれません。リウマチは、関節が破壊され変形して動かなくなる病気です。しかしいきなり動かなくなるのではなく、上記のような初期症状が先行します。変だと思ったら世田谷の専門医を訪ねましょう。

破壊される

リウマチは、関節を破壊する注意すべき病気です。しかし、発症のごく初期に診断をし、正しい治療を受ければ、かなり改善します。世田谷には多くのリウマチ専門医が存在します。リウマチは、経験豊かで、治療方法に詳しい専門医の治療が最も望ましいです。しかし、いきなり専門医に行くのは、ちょっと気が引ける、勇気が出ない、という方は、まずいつも受診している世田谷の一般の内科や外科に診てもらってください。そこでリウマチの疑いがあれば、そこから専門医に紹介状を書いてもらうことができます。この方が、プロセスを踏むだけ、敷居も低く感じます。また、自分の信頼している一般医の紹介するリウマチ専門医の診察を受けられるので安心できます。